2018年2月22日 (木)

パトロンの探し方

「パトロンの探し方教えてよ。」「なんで、そんな事を聞くの。」「だって、パトロンのおかげでこんないい家に住んでるんでしょう。パトロンの探し方教えてよ。」「分からないよ。パトロンの探し方なんて、でも人に優しすくればいいのかも。」「何それ。」

私は高級マンションに1人で住んでいます。これも彼のおかげでした。1年前、私が職場に向かうときに1人の男性が路上に倒れてうずくまっていました。私は男性に話しかけ、すぐに救急車を呼び対応をしました。そして、私も病院に付き添い彼は無事に命を取り止めたと看護婦さんから聞いて帰りました。
お金くれる人

それから数日後、前回と同じ道で私に話しかける男性がいました。彼は私が救った男性でした。助けたお礼に何かしたいと言われましたが私は遠慮しました。助けるのは当然だと思ったからです。その後急いで会社に行くと、また彼がいました。「あれ、どうしてここに。」「この会社の会長だからね。」「ごめんなさい。知らずにいて。」「気にしないでください。」これをきっかけに彼ではなく、会長と話す機会が増えました。会長は私の優しさに触れて好きになったと告白されたり、食事に誘われたい普通の人だったら少ししつこいと思うだけなのですが、会長はとてもカッコよく、しかも会社の会長という事もあって私は食事に3回に1回は付き合うようにしました。一緒に食事して接する時間が増えるにつれてますます会長のことが気になり好きになりました。そして私は会長の愛人になりました。高級マンションは私の誕生日プレゼントで買ってくれました。
ライブオナニー
オナ指示

最近の記事

無料ブログはココログ